STORIES® (ストーリーズ)
JP/EN
Creators
DAVE BOYLE

DAVE BOYLE

STORIESグループはNetflixグローバル1位(非英語作品)を獲得した、大ヒットシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」の脚本・監督*、デイブ・ボイル氏(Dave Boyle)とマネジメント契約(広告領域・アジア全域)を締結致しました。

ロサンゼルスを拠点とする脚本家、監督、プロデューサー。英語と日本語の映画・テレビ番組のクリエイターとして活躍。

Netflixオリジナルシリーズ「忍びの家 House of Ninjas」のメインクリエイターであり、主要脚本家および監督を担当。この作品は2024215日にNetflixで全世界配信され、Netflixのグローバルトップテン(英語以外)で1位を獲得、全世界92カ国でTop10入りするなど大ヒットを記録。

サンフランシスコを舞台にしたサイコスリラー映画「マン・フロム・リノ」は2015年インディペンデントスピリット賞のジョン・カサヴェテス賞にノミネートされ、ロサンゼルス映画祭でグランプリを受賞。ニューヨークのタイムアウト誌はこの映画を「氷のように冷たいネオノワールの完璧な一作」と評価した。

監督兼脚本家としての過去の作品には「Surrogate Valentine」(SXSW2011年)や「Daylight Savings」(SXSW2012年)がある。2017年には、HuluオリジナルのSFシリーズ「Dimension 404」のテレビシリーズを監督。

監督業に加えて、リン・チェンの監督デビュー作「I Will Make You Mine」(SXSW2020年)や劇場での大ヒットドキュメンタリー「Cat Daddies」(2022年)のプロデューサーも担当。ディズニー出身のブリガム・テイラーがプロデュースする映画「Tokyo Cowboy」(2024年)の共同脚本家も務めるなどクリエイターとしてマルチに活動している。

お仕事のご依頼やお問い合わせについては、
弊社Webサイト「Contact」ページより、お問い合わせください。

https://www.stories-llc.com/contact